Dodow HP へ

HEALTH OUTSIDE THE BOX by Dodow

ヨガ・催眠療法・メディテーションから発想を得て Dodow を開発するために、健康問題を改善するための代替療法をを深く研究することになりました。睡眠はその第一歩に過ぎませんでした。

ここでは私たちの研究をみなさんにも知っていただきたいと思います。簡単に実践できる健康やウェルビーイングのためのアドバイスを、ぜひ見つけてください。

要注意!睡眠薬の副作用

Dodow では、みなさんの眠りを助ける自然な方法を見つけるという決断をしました。その代わりとなるのが睡眠薬(睡眠導入剤)ですが…私たちはその方法を選びません!ここでは、速く眠りに落ちるための方法として私たちがなぜそれを選ばなかったのか、そして、妊娠中の不眠ではなぜ特に睡眠薬を避けるべきなのかを、お伝えします。

睡眠導入剤とは何なのか?

  • − ベンゾジアゼピン
  • この向精神薬は最も一般的な睡眠導入剤です。7 日から 10 日を想定した処方プランのために作られた薬ですが、今では(望ましくないものの)より長い期間処方されています。2008 年には、アメリカ人(18 歳から 80 歳の成人)の 5 %以上がベンゾジアゼピンを 1 度処方されています。この薬は、脳の神経終末に作用し、筋肉を弛緩させます。
  • − バルビツール酸系
  • これらの鎮静剤は初めての睡眠導入剤への最初のステップです。中枢神経系に作用するもので、呼吸の回数を減らしたり、止めたり、昏睡状態に陥らせたり、低体温症を引き起こしたりする(またはすべてを同時に引き起こす)ことがあります。これらの薬は肝臓にも作用し、避妊薬や抗凝固剤のような同時に摂取している薬にも影響を与えます。
  • バルビツール酸系の薬は、過剰投与された場合に特に強い毒性を示します。最も使われているバルビツール酸系の薬(フェノバルビタール)は睡眠導入剤としての使用が禁止され、その抗けいれん作用により、てんかんの薬としてしか使われていません。(2001年以降)
  • − 抗ヒスタミン薬
  • アレルギーに対処するために服用する抗ヒスタミン薬と同じです。これらの薬には人を眠らせる作用もあります。しかし、抗ドーパミン作用と抗セロトニン作用があるため、気分を向上させることにはなりません。副作用には、光に対する感受性の上昇、口腔内の乾燥、便秘などが含まれます。

身体にかかる大きな代償

正直に言います。睡眠導入剤について最初に知っておくべきことは、長期的に服用すると死に至る危険性があるということです。2012 年に British Medical Journal に掲載された研究では、カリフォルニア州の睡眠センターの患者さんにおいて、睡眠導入剤の長期服用者か一時的な服用者かに関わらず、睡眠導入剤の服用と若年での死亡の相関関係が示されています。


この研究は 2002 年から 2007 年の間に行われ、2 万 4 千人の患者さんを「睡眠導入剤服用者」と「睡眠導入剤非服用者」の 2 つのグループに分けました。結果は安心できないものでした。睡眠薬を服用していた人たちは死亡リスクが 4 倍で、服用量が 1 年に 18 錠未満の人でも 3 倍でした。また、がんの罹患率が 35% 上昇した他、食道の逆流、潰瘍、注意や意識の障害、睡眠時無呼吸の悪化の可能性、夜間の呼吸の問題、循環器の感染症、夜行症などが観察されました。


高齢者の場合、平衡感覚の喪失による転倒リスク(高齢者にとっては非常に危険)や記憶異常のリスク(例えば、アルツハイマー病など)があります。神経の老化プロセスを悪化させることすら疑われています。ワシントン大学の研究によると、65 歳以上の人では、睡眠導入剤の長期服用と認知症の発生には相関があることがわかっています。


過剰摂取の傾向

数字は嘘をつきません。今のアメリカでは、約 900 万人の成人が睡眠導入剤を使用しているにもかかわらず、人口の 10 %が不眠症に悩まされています。


これらの睡眠薬は突然目の前に現れる訳ではありません。普通は、不必要な処方薬が外科手術の後や入院中に与えられるか、自動的に処方が更新されるかのどちらかです。睡眠導入剤の最も魅力的なことはその効果で、ほぼすぐに効果があります。長期的にはいくつかの影響を与えるにも関わらず、患者と同様に、医師も簡単な解決策を求めることがあります。


睡眠導入剤の服用を始めると、服用を止めるのは余計に難しくなります。3 ヶ月以上睡眠導入剤を服用した人の 25%が依存状態になります。服用をやめようとすると、この人たちは離脱症状に悩まされますが、効果を確実に継続させるには、服用量を増やす必要が出てきてしまいます。


メディテーション、認知行動療法のように、睡眠の問題を根本から治療する効果的な代替策もあります。しかし、長期的に続けるには、患者さんが最低限の費用を負担する必要があります。私たちが Dodow を開発したのは、これが理由です。リラックスできるエクササイズを学べる簡単な方法を開発し、自分の力で眠れるようになりたい人に解決策を提供しています。

相対的な効率の悪さ

最も馬鹿げていると感じるのは、睡眠導入剤や抗不安薬は使いやすくて効率の良いものであるべきですが、実際には、私たちが思うほど効率的ではないということです。アメリカ食品医薬品局(FDA)が気づいたのは、ソナタ(数ある睡眠導入剤のうちの 1 つ)には患者さんの睡眠時間を増加させる効果はないということです。10 mg 服用した患者さんと薬を服用しなかった患者さんでは、どちらも睡眠時間は 6 時間 20 分でした。試験の第 1 週目には、薬を服用しなかった患者さんが眠るのに平均 36 分の時間がかかっていましたが、これは薬を服用したグループよりも約 14 分も短い結果でした。


20 人に 1 人が翌日の疲労感を訴え、数人は記憶の問題を訴えていました…

選択肢がない場合

  • 不眠症は、神経学的な要素を持つ別の病気の症状であることがよくあります。例えば、ナルコレプシーや特発性過眠症などがそれに当たります。最終的に、他の方法が効かず、社会生活を送るために睡眠導入剤の服用が不可欠な場合には、リスクを最小限に抑えるための安全原則を覚えておいてください。

    - 「もっと効くかどうか試す」ために、または夜中に目が覚めた時に、指定された量以上を服用することは絶対にしない。

    - アルコールや他の嗜好性薬物(そもそも服用すべきではありません)と一緒には絶対に服用しない。副作用の引き金になる場合があります。(夜行症、記憶喪失、幻覚など)

    - 抗ヒスタミン剤と睡眠導入剤を同時に摂取しない。大きな依存リスクにさらされることになります。

    - 不安やうつ病を睡眠導入剤で治療しようとしないこと。これらの病気には、他に治療のための薬品やセラピーがあります。

    - 8 時間以上の睡眠時間を取れない場合や、集中力を要する作業(運転など)をする予定がある場合には、睡眠導入剤を服用しない。

    - 1 週間以上連続して睡眠導入剤を服用しないようにすること。3 ヶ月を超えると、服用をやめるのがほぼ不可能になりますが、それでもできるだけ早い段階で服薬をやめましょう。












睡眠プラットフォーム

Dodow ユーザー限定コンテンツ

ログイン
 素早く眠りに落ちるための7つのコツ

素早く眠りに落ちるための7つのコツ

現在、成人の 30〜35% が不眠に悩まされています。これは朝目覚めてすぐに携帯電話を手に取る人の割合と同じです。偶然でしょうか?おそらく偶然ではないでしょう!Dodow チームが紹介するこの 7 つのコツを使って、素早く眠りに落ちる方法を見つけましょう。

Lire la suite
 妊娠と不眠

妊娠と不眠

こんにちは、Dodow チームです。今回は妊娠による不眠に関して、その真実をみなさんにお伝えします。「子供が生まれたら、ぐっすり眠りたいなんてぜいたくだ」とはすでに言われていると思います。そして、出産前には、次の絵のように 9 ヶ月かけてゆっくり心の準備ができると思っているかもしれません。

Lire la suite
 眠れない

眠れない

「あー、眠れない!」と、どうしようもなくて叫んでしまうあなた。(まだ Dodow を持っていないのですね…。)この先どうなるかは、すでにご存知ですね。翌日はすごく疲れているでしょうし、1 日中イライラしているでしょう。

Lire la suite