Dodow HP へ

HEALTH OUTSIDE THE BOX by Dodow

ヨガ・催眠療法・メディテーションから発想を得て Dodow を開発するために、健康問題を改善するための代替療法をを深く研究することになりました。睡眠はその第一歩に過ぎませんでした。

ここでは私たちの研究をみなさんにも知っていただきたいと思います。簡単に実践できる健康やウェルビーイングのためのアドバイスを、ぜひ見つけてください。

眠れない

「あー、眠れない!」と、どうしようもなくて叫んでしまうあなた。(まだ Dodow を持っていないのですね…。)この先どうなるかは、すでにご存知ですね。翌日はすごく疲れているでしょうし、1 日中イライラしているでしょう。


なぜこうなってしまうのでしょう?眠りの神モルペウスは、なぜこれほど残酷にあなたを拒絶し、その腕の中で眠らせてくれないのでしょう?一般的には、以下のいずれかの理由が考えられます。

夜中に目が覚める

一度は眠ることができても、夜中に目が覚めてしまうことはありませんか?実は、夜中に目が覚めることはごく普通のことです。睡眠にはサイクルがあり、サイクルの終わりでは、わずかな騒音や無意識のストレスなどのせいで目が覚めてしまいます。実際に問題になるのは、すぐにもう一度眠ることができない場合です。


頭の中で考え事がぐるぐる回っている

頭の中で考え事がぐるぐる回っていて、それを止められないことってありませんか?ワクワクしたり怖くなったりするような考え事に注意を向けていると、様々な神経伝達物質が放出されます。これらの神経伝達物質は、身体が眠らないようにするシグナルを送ります。これは、目が離せない映画を見ている時と似ているかもしれません。このような映画を見ながら眠りに落ちるのは、難しいでしょう。


騒音に関しても同じことです。それに意識を向けることもできますし、向けないと決めることもできます。眠らなくてはいけない時間になっても、集中しすぎで目が冴えていると、ごくわずかな考え事でも眠りの妨げになります。


慢性の不眠症

慢性の不眠症に悩んでいるみなさんには、不眠症は何も新しいことではありませんね。


「今日の夜はちゃんと寝られるかな?」と考えても、翌日はひどい状況になることしか想像できずに、前向きな気持ちにはなれません。眠れない恐怖は、その恐怖自体が眠れない状況を作り出すもので、不眠症を繰り返すことにつながる場合があります。実際には、身体が眠り方を忘れてしまった訳ではなく、今夜も眠れないと信じ込んでしまうことで、眠ることができなくなってなっています。もう眠れないだろうなと思ったときにやっと眠れるようになりますが、すでに時間が遅すぎることがよくあります!

大きな心配事

大きな心配事があって、それにすごく悩まされていませんか?パートナーと別れたり、仕事をクビになったり、一時的なうつ状態になったりすると、不眠にも悩まされることがよくあります。不眠が条件反射として起こるようになって、心配事がなくなった後も不眠が続くようになる前に、素早く行動を起こす必要があります。

ストレスやトラブル

夜、家に帰る時でも、気持ちが張り詰めていて、イライラしていませんか?身体が危険な状態に直面するための準備をしています。普通、身体は覚醒状態から休息状態へ自動的に切り替わるものですが、ストレスが溜まっているとそのプロセスが遅くなり、数分で切り替わることに数時間かかることもあります。

このような状況には、共通することが1つあります。それは、そのような状況が私たちを心配にして不安にさせるということです。別の言い方をすれば、おびえた状態です。昨日間違えたことにおびえ、明日のことが怖くなり、眠れないことが怖くなるのです…。

心理学と生理学の難しさ

しかし、恐怖は役に立つこともあり、心理的な現象と割り切ってしまうことはできません。恐怖や不安は人を覚醒状態にします。覚醒状態とは、自律神経系の過活動を特徴とする生理学的メカニズムのことです。ノルアドレナリンのような神経伝達物質が体内に放出され、眠らずにいられるようになります。


先史時代には、何か危険が及んだ時にすぐに行動できるようになるので、覚醒状態は役に立つものでした。しかし、現在では、布団の中にいても眠れない状態を作り出してしまっています。


心臓コヒーレンス

よく眠れるようになるコツはいくつもありますが、眠りに落ちることができない人には「呼吸のエクササイズ」という方法があります。呼吸のエクササイズをすることで、身体が覚醒状態から休息状態へと自然に切り替わります。


リズムやメディテーションに基づいた呼吸テクニックである心臓コヒーレンスを使うと、自分の意思で心拍数を遅くすることができます。1 分間でおよそ 6 回のリズム(心臓コヒーレンスのリズム)でゆっくりと呼吸することによって、代謝をゆっくりにすることができます。身体が作り出すコルチゾール(ストレスホルモン)の量が減り、数分で身体を休息状態にすることができます。一方で、心を落ち着かせる風景のような心地よいものに集中することによっても、頭の中の考え事のスピードをゆっくりにすることができる場合もあります。これも休息状態への移行を促してくれます。

しかし、これは自分 1 人でいつでも簡単にできることではないので、ぜひ Dodow をお使いください!Dodow の光に呼吸を合わせることで、心臓コヒーレンスが簡単にできるようになります。


さらに、眠れないという悩みや自分の心配事に集中する代わりに、Dodow は青い光に集中できるようにするので、悩ましいサイクルを終わらせる役に立ちます。


睡眠プラットフォーム

Dodow ユーザー限定コンテンツ

ログイン
 素早く眠りに落ちるための7つのコツ

素早く眠りに落ちるための7つのコツ

現在、成人の 30〜35% が不眠に悩まされています。これは朝目覚めてすぐに携帯電話を手に取る人の割合と同じです。偶然でしょうか?おそらく偶然ではないでしょう!Dodow チームが紹介するこの 7 つのコツを使って、素早く眠りに落ちる方法を見つけましょう。

Lire la suite
 妊娠と不眠

妊娠と不眠

こんにちは、Dodow チームです。今回は妊娠による不眠に関して、その真実をみなさんにお伝えします。「子供が生まれたら、ぐっすり眠りたいなんてぜいたくだ」とはすでに言われていると思います。そして、出産前には、次の絵のように 9 ヶ月かけてゆっくり心の準備ができると思っているかもしれません。

Lire la suite
 心臓コヒーレンスでストレスに対処しよう

心臓コヒーレンスでストレスに対処しよう

歳を取ると、話のつじつまが合っているだけで褒められたりしますが、それは失礼ですよね。落ち着いてください!心臓コヒーレンスとは心拍と身体の調和のことで、話のつじつまとは全く関係ありません。心臓コヒーレンスには良いことしかありません。特に、妊娠中の不眠に対する解決策となります。

Lire la suite